北海道美唄尚栄高等学校での恋バナ

北海道美唄尚栄高等学校にいたころの恋の話をするページです。

北海道美唄尚栄高等学校の恋

北海道美唄尚栄高等学校当時にした辛い片思い話し、苦い失恋の記憶、淡い初恋の思い出等素敵な恋の話し教えてください。

恋の部屋

※ユーザ名と削除パスワードは必須ではありません。

例)今でも初恋の人が忘れられません。










初恋アンケート

初めてあの人を好きになったとき、苦しい胸の内をなかなか打ち明けられず、甘酸っぱい毎日を過ごした。。。そんな経験をした人は多いのではないでしょうか?ここでは皆さんの初恋経験がいつ頃だったかお伺いしています。 よ~く思い出して是非あなたの初恋の時期を教えてください。
あなたの誕生年:
あなたの性別:
初恋のお相手:
初恋の時期:


その他の思い出ページものぞいてみてください。

体育館 教室 校庭 職員室 保健室 音楽室 図書室 プール トイレ 下駄箱 屋上 恋話 運動会 文化祭 入学式 卒業式
[注意]個人を特定できる投稿・誹謗中傷・その他不適切な書き込みは削除いたします。またそうした不愉快な書き込みを見つけた方は「問い合わせ」より知らせていただければ削除いたしますのでご協力よろしくお願いいたします。



他の高校の恋での記憶

恋での記憶にはみなさんはこんなことを書き込んでいます。 恋での一生懸命頑張ったり、楽しかったり、がんばったり、ときには悲しかった思い出など、みなさんの記憶をつづってみてください。
可愛い子なんて居たか?ヤンキーばっかりだよな
南條美佳さん。好きだった!今何処にいるの?仲直りしたい!
みんなの淡い想い出告白しやがれ❗ちなみにMさん3年間ずっと好きだった。
令子さん今も好きです。毅陸
私の在学中は女子しかいませんでした。家政科で創作舞踊部のC..I先輩に憧れていました。ほとんどお話もできませんでしたが、今でも文化祭でのステキな舞台発表を思い出します。先輩はお元気でしょうか。
先輩が好きでした。実らなかったけどね! 今でも元気にしていますか? 体弱かったよね。。 木更津の大学まで逢いに行ったし、上野で待ち合わせて逢ってくれた。 大切な想い出です
ちーちゃんとの歯医者デートは楽しかったなぁ(∪゜∀゜∪)
主人と同じクラスで卒業後結婚しました。
教師と生徒の結婚
高校三年生の秋に、彼女Yさんが。明日誕生日だから、プレゼント頂戴と、僕におねだりしました。その日に、僅かな貯金から、オルゴールを、買ったけど。次の日学校に、持っていけど。渡せないかった。苦い恋の思い出。なぜなら、付き合っていた、電気科の彼氏がいたから。

高校での他の場所の記憶

他の高校ではこんなことを書き込んでいます。 例え他愛のないことやちょっとした思い出でも、その場所を訪れた先輩や後輩等、だれかがそれを見て懐かしい気持ちを思い出し、あったかい気持ちになれるかもしれません。みなさんの記憶をつづってみてください。
運動会フィナーレは3年生のダンス。
教室ストーブがない時代が数年あり辛かった
音楽室吹奏楽部によく遊びにいった
図書室図書室ってあったかな?
教室高校に入って気になるのが時間割。中学校とは違い毎日(月曜日~金曜日)6時間授業、中学校とは違い、曜日によっては6時間目まですべて教室で授業、移動授業なし。というのにもびっくりしたが、気になるのが移動時間。クラスによっては1・2時間目には音楽・美術の選択授業があったり、3・4時間目に体育の授業があったりするが、我々のクラスは月曜日の5・6時間目に体育、水曜日の4時間目に体育が、木曜日の3・4時間目に音楽・美術(選択、それぞれ2時間ずつ)となり、全部教室の授業は火曜日と金曜日だったが、後輩の代では、体育の水曜日のところはまったく同じだが、体育は火曜日の5・6時間目、音楽は水曜日の1・2時間目だった。我々の2個下(2学年下)は13クラス(M組まで)あったが、クラスによっては月曜日の5時間目に体育、火曜日の5・6時間目に体育、水曜日の5・6時間目に音楽・美術(1年A組、1年B組)、水曜日の1・2時間目に音楽・美術、木曜日の3・4時間目に体育、金曜日の2時間目に体育(1年C組、1年D組)、水曜日の1・2時間目に体育、金曜日の1時間目に体育(音楽・美術は不明、1年L組、1年M組)という、比較的、時間割に恵まれているケースもあった。
有り得ない。
入学して 夏休み前ぐらい 美奈子・Oさんとお付き合いOK してもらったけど 当時・・・放課後一緒に帰ろって誘われてたけど・・・恥ずかしっかったので男友達と帰ってしまってた ごめんって 言いたかった
プールプールはなかったのでほしかったね。
校庭一年だけですが、野球部に入ってました。
屋上1,2年生は昼休み時間に応援歌練習が飽津ので意2,3、校自の休み時間に弁当㋾食べたこと、先輩には必ず帽子を取って挨拶しなければならなかった事が、なつかしい。


ページの先頭へ