日本一の小学校

日本全国には実に2万以上もの小学校があります。その中でも最もXXな小学校を調べて見ました。高いところ、最北端にある位置する学校、南にある学校、東にある学校、西にある学校など。色々な日本一の小学校を調べました。

日本一生徒数が多い小学校


2018年現在日本で最も生徒数が多い学校は北海道千歳市にある千歳市立北陽小学校(ほくようしょうがっこう)で1410名。 千歳市立北陽小学校は平成6年に創立した学校で、当初406名だった生徒は年々増加し、平成10年には500名18学級を越えたため、 翌年今後の増加も見込んだうえでの平成11年に後者の増設(普通教室×6、図工室、図書室、機械室、教材室×2、ワークスペース×2)が行われた。

しかしながら10周年を迎えた翌平成16年近隣の長都小学校が閉校・統合されることとなり生徒数はさらに増え、合わせて学区も広がったため、さらに年々生徒の増加が急激に始まった。 平成19年には生徒数は700名23学級を越え校舎増築するも直ぐに教室が不足し、平成24年、平成26年とプレハブ校舎が建てられた。

グラフ:千歳市立北陽小学校の生徒数と学級数の推移

また大阪にも1408名とほぼ同数の生徒が通う大阪市立友渕小学校があります。

日本一高いところにある小学校


日本一高所にある小学校は長野県八ヶ岳高原の野辺山駅近くにある長野県南佐久郡南牧村村立南牧南小学校で標高1,325mもの高さにあります。 これは富士箱根にある箱根駒ヶ岳(箱根駒ヶ岳ロープウェーの終点付近)とほぼ同じ高さになります。 過去には山梨県大倉山付近琴川ダム付近にあった山梨県山梨市立牧丘第一小学校柳平分校が標高1,530mもの高さにありましたが、現在は残念ながら廃校になってしまいました。

日本一北にある小学校


日本一北にある小学校はもちろん北海道にあります。宗谷岬にほど近い海沿いの稚内市立大岬小学校(北緯45度30分)です。 海はもちろん近くに港や牧場があり自然豊かな場所で食べ物もおいしそうなところです。ただやはり一番北にあるというだけあって寒そうではありますね。 北方領土があった戦前には当然もっと北にも学校がありました。早く返還されるといいですね。

日本一東にある小学校


根室市立歯舞小中学校 日本一東にある小学校は、北海道の根室市にある根室市立歯舞小学校(東経145度75分)です。 2013年まで根室市立珸瑤瑁小学校(東経145度48分)でしたが根室市立歯舞小学校に統合され根室市立歯舞小学校が最東端となりました。

日本一西にある小学校


日本一西にある小学校は、日本最西端の碑があり台湾が目と鼻の先にある沖縄県与那国島の与那国町立久部良小学校(東経122度56分)です。島の港も近く「日本最後の夕日が見える丘」が学校の裏手にある景色の良い場所です。

日本一南にある小学校


日本一南にある小学校は、最西端の小学校同様、日本最南端の碑がある沖縄県波照間島の竹富町立波照間小学校(北緯24度3分)です。中学校と併設された小中学校になります。 幼稚園も近くにあり、この付近に島の全ての子供たちが集まるといっても過言ではないようです。 学校の入り口には卒業生たちが書いたであろう元気な字で「島を愛し、共生・じりつできるウタマ※」という校訓が掲げられ、島を愛し、島と共に生きる想いが伝わってくる素敵な学校です。

※「ウタマ」は島の言葉で「子ども」を表す