訪問者数:839人

北栄中学校

卒業年別交流掲示板はこちら

北栄中学校(ほくえいちゅうがっこう)は北海道札幌市にある公立の中学校です。 北栄中学校卒業生の同窓会用のページを提供しております。作成しておけば連絡のつかない同級生や転校生が作成したページを見つけて再会できるかもしれません!北栄中学校で同窓会を行う場合には是非ご利用ください。

※本ページの誤りや不足情報を教えていただけると助かります!


正式名称
札幌市立北栄中学校
読み方
ほくえいちゅうがっこう
都道府県
北海道
公私
公立
設立
札幌市立
創立~閉校年
不明~
創立記念日
不明
ホームページ
画像 札幌市立北栄中学校のイメージ
学校の画像を投稿できます。
(GIF, JPEG, PNGのみ対応)
Q 卒業生が巣立った都道府県を調べています。よかったらあなたの現在の居住先を教えてください?
愛称 愛称

呼び方を教えて

みなさんが呼んでいました学校の愛称や呼び方を教えてください。

例)東京第一小学校の場合
・一小(いちしょう)
・東一(とういち) 等
※平仮名は必須ではありません。追記する場合はカッコ書きでお願いします。

懐かしい学校の記憶を共有するページです。そこにあった物、風景、うわさ話などをぜひ教えてください。

体育館 教室 校庭 職員室 保健室 音楽室 図書室 プール トイレ 下駄箱 屋上 運動会 文化祭 入学式 卒業式
同窓会 同窓会


評判・評価 北栄中学校の評判・評価
北栄中学校の評判はこちらから参照いただけます。
この学校を様々な面から評価し、☆を付けてみてください。


評価の基準は以下の通りです。
1:評価できない
2:普通の学校
3:ちょっといい学校
4:だいぶいい学校
5:最高!

評価11:

 

0

評価22:

 

0

評価33:

 

0

評価44:

 

0

評価55:

 

1

※☆2が「普通」の学校です。

北栄中学校の部活動
備考 備考

その他
最近投稿された学校掲示板

小学校の友達を探す方はこちらから
高校の友達を探す方はこちらから 大学の友達を探す方はこちらから

北栄中学校のマスコット

北栄中学校のマスコット 北栄中学校のステータス
マスコットの状態
みんなのマスコットとしてまだまだこれからの成長が楽しみです。今まで少し寂しい思いをすることもありましたが、最近だんだん卒業生達が来てくれることが嬉しいみたいです。「もう一度昔のクラスメイトに会ってみたい」と思ってくれる人がいてくれることにも生きがいを感じているようです。卒業年別交流掲示板に書き込みがあったことも嬉しいみたいですこのページに訪れた全ての卒業生に素敵な再会が訪れることを心から祈っているようです。わずかに学校へ愛情に示してくれている人がいることにも愛しさを感じはじめています。

マスコットは本サイトの様々なコンテンツを利用することで成長していきます。

マスコットの育て方

母校愛レベル

母校愛

割れるまで何度もクリック!!

学校レベル:4
ポイント:16
学校への愛を示したい方は右の卵をクリックしてください。出た数字だけポイントがたまり、たくさんたまると学校レベルが上がります。
※卵は1日1回割ることができます。

札幌市立北栄中学校の「総合掲示板」へ投稿された内容

足あと(2017/12/23 19:50:18:)

足あと(2017/08/03 23:20:03:)

例)懐かしいね。みなさんお元気ですか?同窓会したいね。










相性一括診断紹介

<姉妹サイト紹介>

クラスメイト全員の相性診断をしてみませんか?
名前を入力するだけで無料でクラス全員のお互いの相性を一括診断します。憧れのあの子とあなた、気になるあの子との相性は?是非お試しください。
「なまえさあち ~ 一括相性診断」

札幌市出身の同郷交流ページ

大学

都留文科大学の札幌市出身者
近畿大学の札幌市出身者
長崎外国語大学の札幌市出身者
神戸山手大学の札幌市出身者
桜美林大学の札幌市出身者
京都光華女子大学の札幌市出身者
神田外語大学の札幌市出身者
神奈川県立保健福祉大学の札幌市出身者
城西大学の札幌市出身者
稚内北星学園大学の札幌市出身者

会社

日本抵抗器製作所の札幌市出身者
幼児活動研究会の札幌市出身者
ニチレイの札幌市出身者
サニーサイドアップの札幌市出身者
タイヨーエレックの札幌市出身者
FPGの札幌市出身者
東京地下鉄の札幌市出身者
ドトール・日レスホールディングスの札幌市出身者
ヤマウの札幌市出身者
東和フードサービスの札幌市出身者

本ページの情報の誤りや不足情報を教えてください

項目名
提供情報
  • 都道府県:所在する都道府県を教えてください。
  • 公私:公立なのか私立なのかを教えてください。
    ※私立以外(組合立など)は公立とさせていただいています
  • 設立:設立組織・組合を教えてください。
  • 創立年:創立年を教えてください。
  • 閉校年:閉校した年を教えてください。
  • 学校名:学校名に誤りがある場合教えてください。
  • 読み方:読み方を教えてください。
  • 略称:呼び方を教えてください。
    ※愛称や昔こう呼んでいたという呼称でもかまいません。
  • ホームページ:ホームページを教えてください。
  • 備考:その他この学校についての歴史やうんちくを教えてください。

人気のトピックス

学校へ行く楽しみ
みなさんが思春期真っ盛りの中学、高校生時代頃学校へ行く「楽しみ」、すなわち学校に行きたくなるモチベーションの源泉みたいなものがあった方は教えてください。大好きな異性に会いたくて、好きな先生がいたから、友達とバスケットボールやること、御社べすること、はたまた得意科目の勉強、テストで良い点とること、部活動などなど。ただし誰かをイジメるなどのネガティブなことは書き込まないでいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。
学校に行きたくない気持ちの乗り越え方
皆さんは学生時代学校に行きたくない!って思ったことありませんか?仮病を使って休んだりしたことは?一日休むと次の日も行きたくなくなって、行きたくないスパイラルに陥ったことは?登校拒否や引きこもりになりそうになりませんでしたか?もしなった方がいたらそんなときみんさんはどうやって乗り越えましたか?いい方法があれば今悩んでいる後輩たちに是非教えてあげてください!
変な口癖の先生
先生の中でも変な口癖の先生っていませんでしたか?授業中にその変な口癖がでるので気になって無業に身が入らなかったり。そんな変わった口癖の先生たちがいたら教えてください。
ブラック校則
学校の校則は風紀が乱れて生徒に悪い影響を与えないように、つまり正しく導くためにあるんだと思うですが。明らかにそれはやりすぎでしょ!って言いたくなるような校則ありませんでしたか?そんな理不尽な校則を教えてください。
同窓会あるある
同窓会に行くと子供のころの印象と随分変わっている子もいれば、全然変わらない子も様々。懐かしい思い出に胸を躍らせていくけど、実際行ってみると。。。みたいなこともあります。そんな同窓会での「あるある」を教えてください。

北海道の中学校事情

北海道

厚生省の最新調査(2017年)によると北海道における中学校の数は2番目に多く全国でもトップクラス。1学校当たり生徒数は216.61人となっています。
学校の数は前年度と同じで、生徒数は2016年度と比較して減少傾向にあります。

この結果は文部科学省により2017年に行われた「全国学力・学習状況調査」によるもので、算数、国語、理科(理科は2012年、2015年のみ実施)のその試験結果を取りまとめ国内外の関係者に提供しているものです。なお算数のAは「知識」に関する問題、Bは「活用」、同様に国語もAは「知識」に関する問題、Bは「活用」に関する問題となっています。
全国的に順位で比較してみると算数の方が国語よりも得意とする子が多少多く、算数は29位(正答率59.0%)、国語は30位(正答率75.9%)でした。国語は全国でワースト10以内に入ってしまいました。全国的には順位に差があっても内容的には全体的に優秀でそれほど差はないのが近年の特徴です。
2014年の消費動向調査によると北海道の子供がいる世帯における教育費用は全国で29 番目いました。教育費というよりもやはり個々の努力が大切ですね。

北海道の修学旅行

※データは本サイトのアンケートに基づきます。

北海道では、同じ道内が最も修学旅行先として選ばれています。続いて青森県、京都府、東京都、奈良県、等に行く学校が多いようです。 最も多い北海道での行先には、旭川~網走間で団臨を仕立てた「昭鉄臨時号」、サンパレス&ルスツ、日程から言って道南かな?、日高ケンタッキーファーム、トラピスチヌ修道院等、洞爺サンパレスホテルなどが目的地に選ばれています。また、第2位の青森県では、五所川原少年自然の家、ねぶたの里、古牧温泉、浅虫温泉、十和田湖、小牧温泉へ行ったり、3位京都府では、八坂神社、新京極、清水寺、銀閣寺、金閣寺、聖護院へ行くようです。

修学旅行先を教えて下さる方は、卒業年毎のページよりお願いいたします。

修学旅行先人気都道府県ランキング
1位北海道
2位青森県
3位京都府
4位東京都
5位奈良県
6位岩手県
7位海外
8位宮城県
9位神奈川県
10位大阪府

北海道札幌市の地域事情

「市民の力みなぎる、文化と誇りあふれる街」の札幌市(さっぽろし)は、ボタンエビ・シカ肉・ホワイトアスパラガス等が有名なところです。札幌市のホームページ等にも中学校事情がいろいろと記載されていますので詳しいことが知りたい方は調べてみてください。

札幌市のホームページはこちら


ページの先頭へ