幼少期心に残った本

幼少期心に残った本 活字離れが叫ばれる昨今ですが、やはり本はいいものです。みなさんも小学校の頃、夏休みの宿題の読書感想文で初めて文字ばかりの本にふれて、最初はイヤイヤだったのに読み終わって感動したなんて経験があるのではないでしょうか?そんな小学校の頃に読んで心に残った本、今の小学生にもオススメの本を教えてください。漫画ではなく活字の本に限定っせて下さい。


※ユーザ名/削除パスワードは必須ではありません
1位
34
point
4.9
ぼくらの七日間戦争
まだ評価していません
1985年に出版された宗田理の名作。1988年には映画化もされ、最近ではアニメ化も企画されている、もはや不朽の名作といっても過言ではないのではないでしょうか。シリーズ作はたくさんありますが、やはり「七日間戦争」が一番オススメ。内容は強権的…
総合評価
4.9
2位
18
point
4.5
銀河鉄道の夜
まだ評価していません
言わずと知れた宮沢賢治の名作。孤独な少年が友人とともに銀河鉄道に乗って、星を旅しながらさまざまな考えや生き方をする人々に出会う物語。みんなの幸せのために尽くすことが生きる意味であると悟るまでを書いた、哲学的なストーリーです。大切なことを教…
総合評価
4.5
3位
12
point
4
十五少年漂流記
まだ評価していません
巨匠ジュール・ヴェルヌによる名作。乗っていた船が難破したことから、無人島に漂流してしまった15人の少年が力を合わせて生活し、成長していく物語。登場人物が子供であることもあって感情移入しやすく、夢中になって読んだ記憶があります。現在は様々な…
総合評価
4
4位
20
point
4
窓ぎわのトットちゃん
まだ評価していません
黒柳徹子さんの自伝。トモエ学園という自由でユニークな校風の小学校を舞台にしたノンフィクション作品。子供の視点で描いた内容は読み易く、この本に助けられて、今でも大切な1冊として大事にしている人はたくさんいるのではないでしょうか。
総合評価
4
5位
11
point
3.7
星の王子さま
まだ評価していません
星の王子さまが旅を通じていろいろなことを学ぶ物語。大人になると失ってしまうもの、小学生には、すこし難しかった記憶がありますが、心の奥深くに到達する物語だと思います。
総合評価
3.7
6位
10
point
3.3
ロビンソン・クルーソ
まだ評価していません
船が嵐にあって転覆し、ロビンソン・クルーソ一人が助かり、無人島に漂着した後、サバイバル生活をする物語。色々な工夫をしながら生きていくさまが子供ながらに楽しかった記憶があります。今でも記憶に残る一冊です。
総合評価
3.3
7位
13
point
3.3
小学館の学習図鑑シリーズ
まだ評価していません
後半の解説ページは文字びっしりでとんでもない情報量でした。それを読み込むのが好きでした。
総合評価
3.3
8位
5
point
2.5
不思議の国のアリス
まだ評価していません
児童文学の代表ともいえる作品。幼い少女アリスが白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込み、しゃべる動物や動くトランプなどさまざまなキャラクターたちと出会いながらその世界を冒険する物語。小説だけでなくアニメや漫画、演劇、パロディ版も含めると様…
総合評価
2.5
9位
10
point
2
三銃士
まだ評価していません
若い青年ダルタニアンが憧れの銃士隊となって活躍する恋と友情と戦いの物語。幼いころわくわくしながら夢中になって読んだ記憶があります。男の子がのめり込みやすい作品です。
総合評価
2
10位
1
point
1
江戸川乱歩
まだ評価していません
総合評価
1
11位
0
有珠山噴火2000
まだ評価していません
(説明本)
0
12位
0
「野口英世」に関する書籍
まだ評価していません
0

ランキング項目追加

例)走れメロス


テーマの追加について

テーマの追加は以下のフォームから行うことが出来ます。
また追加したいけど自分で追加するのはちょっと。。。と思っている方はお問い合わせフォームより「お名前雑談テーマ追加依頼」で管理人へご依頼ください。内容を確認の上作成させていただきます。


ページの先頭へ